清阪峠/永久に立つ道標

清阪峠

道標は、永久に立ち続けるのだろうか?

清阪峠の道路標識の根元には、石に刻まれた道標が無造作に立てられています。この京都府亀岡市と大阪府茨木市の境界線上にある道標は、明治9年からここに立ち続けています。もうとっくに、役目を終えたにも拘わらず。

なぜ、役に立たない道標が今も存在しているのでしょうか。道の名称も街道から府道に、また社会も大きく変革したはずなのに。その理由は、何処にあるのでしょうか。思い浮かぶのは、「道標」の本質がそうさせるのかもしれません。

日本人には、道標を捨て去ることは難しい。なぜならば、この道を通る人、そして次に来る人によって歴史や文化と共に順に引き継がれる、「進むべき方向や分岐点が刻まれている。」と感じているからではないでしょうか。だから、時代に合わないと捨て去ることなどできない。そう、それが道標だから。

清阪峠・調査NO.29

  • 日付:2013/02/03(日)
  • よみ:きよさかとうげ
  • 路線:大阪府道・京都府道43号(豊中亀岡線)
  • 所在:京都府亀岡市東別院町栢原∧大阪府茨木市下音羽
  • 地図地形図峠マップ位置図
  • 座標:34.917152,135.556749
  • 標高:290m
  • 路面:オンロード
  • バイク:CB1300SB
  • おすすめ度★★

オンロード 旧道 趣き 街道

清阪峠の周辺地図

清阪峠の周辺地図

  • T点:清阪峠
  • A点:京都府側
  • B点:大阪府側(片側1車線の狭路)

清阪峠 Pickup Photo

清阪峠の旧道
大阪側から京都側に向っての画像。左側が旧道か?

清阪峠を抜けると
京都側に向かうと、すぐに広がった景色になる。

清坂峠に立つ道標従是南攝津國 大阪府支配(これより南は、摂津の国 大阪地区)、従是北丹波國 京都府支配(これより北は、丹波の国 京都地区)と刻まれている。

清坂峠の四方山話

大阪府道・京都府道43号(豊中亀岡線)は、明治25年以前は亀岡街道、それ以後は清阪街道と呼ばれていた時代があった。

清阪峠の位置図

清阪峠の位置図
※ その他の地図へ

ツーリングルート【清阪峠へのツーリングルート】
 大阪北摂の9峠を連続走破、ツーリングコース関西版

編集後記

隣接の狩待峠は、清阪峠の西側に位置しますが西へ延びる道路がないので、府道43号を一度南下しなければなりません。この43号は、道路の全幅が1.5車線ぐらいしかありませんが、かなりうねっています。

LINEで送る
Pocket