京柱峠/日本三大酷道、国道439号を走って感じたこと

京柱峠

四国地方で知名度抜群の京柱峠は、今回のツーリングの目玉の一つだ。これまでにも、酷道上の峠を幾つか巡ったが京柱峠の特質すべき点は、標高1,123mからの眺望の素晴らしさと、異常なほどに九十九折(つづらおれ)た峠道だろう。

しかし、この特質も国道にも拘わらず・・・と前提(前置き)が付く。四国地方には、悪路も標高も眺望も他にもっと優れた峠がある。有名峠だということで辛口な見方になっているかもしれないが、次に訪ねた落合峠を体感した後では、そう思えてくる。

日本三大酷道とは

  • 国道425号:三重県尾鷲市から和歌山県御坊市に至る一般国道
  • 国道418号:福井県大野市から長野県飯田市に至る一般国道
  • 国道439号:徳島県徳島市から高知県四万十市に至る一般国道

京柱峠・調査NO.79

  • 調査
  • 峠名京柱峠(きょうばしらとうげ)
  • 路線:国道439号(国道492号・徳島県道・高知県道113号重複)
  • 所在:徳島県三好市東祖谷樫尾∧高知県長岡郡大豊町西峰
  • 地図電子地形図峠マップ位置図
  • 標高:1,123m、路面:オンロード
  • レビュアー峠ノ太郎(CB1300SB)
  • おすすめ度★★★★★ 5
京柱峠の知名度が高い理由は、絶景眺望だけでなく日本三大酷道439号が四国地方のど真ん中を横断しているアクセスの良さ。

オンロード 酷道 九十九折 眺望 b5 趣き

京柱峠の概略地図

京柱峠の概略地図

  • T点:京柱峠のピーク
  • A点:国道439号の徳島県側
  • B点:国道439号の高知県側

京柱峠 Pickup Photo

国道439号
A点T点:まさに酷道の様相を見せる、国道439号の路面状態。峠に到着するまでに4度、リアタイヤが滑った。

徳島県側から見た京柱峠の全景
T点:徳島県側から見た京柱峠の全景。

高知県側から見た京柱峠の全景
T点:高知県側から見た京柱峠の全景。

京柱峠
T点:東側にはベンチや峠の名の書いた看板がある。

京柱峠、東方の眺望
T点:京柱峠、東方の眺望。

京柱峠、東方の眺望
T点:京柱峠、東方の眺望。

京柱峠、西方の眺望
T点:京柱峠、西方の眺望。

京柱峠の饂飩屋
T点:京柱峠の唯一の施設でもある、峠の茶屋ならぬ峠の饂飩屋さん。

店内の寄書
T点:店内には寄書が所狭しと張られている。

名物は、しし肉うどん
T点:名物は、しし肉うどん800円。

 しし肉うどん
しし肉うどん。このうどん屋さんの壁面にはツーリングで来たと思われる寄書が多数張られていました。ブログに掲載することを了承頂き、店内の写真を撮る。うどん屋さんなのに、なぜか峠の茶屋と呼ばれています。

京柱峠の四方山話

  • 峠名の由来:弘法大師が阿波から土佐へ向かった時、麓の祖谷の村よりあまりにも遠く、この峠を越えるのは京に上るほどだと言ったことから。
  • 国道439号の総延長348.3kmは、四国の国道の中では第2位の長さ。
  • 国道439号は、通称名を「ヨサク」と言う。

京柱峠の位置図

京柱峠の位置図
※ その他の地図へ

編集後記

見ノ越、京柱峠と国道439号(通称:ヨサク)上の峠が二つ続きましたが、今回のツーリングのコースの決め手は、グニャグニャ度が半端無く魅力的なこの国道を地図で見て、これはバイクで走ってみたいと思ったことが動機です。見ノ越では、土砂崩れで通行止めになっていたりと、まさに天下の日本三大酷道でした。

30年前の国道439号の写真を発見!

30年前の国道309号の写真

年末に本棚の整理をしていると、今から30年前(1983年の秋)に四国一周ツーリングをした時に通過した国道439号の写真が出てきた。少しピンボケしていますが、現在と変わらない雰囲気が感じられます。

この時に乗っていたバイクは、ホンダの2ストオフロードバイク、MTX125R。リアシートにPUMAのスポーツバックをゴム紐で縛り付けて、キャンプツーリングした時の記憶が蘇ってきました。

LINEで送る
Pocket