馬野渓谷/三重県伊賀市のおすすめツーリングスポット

馬野渓谷

馬野渓谷は、三重県伊賀市のおすすめツーリングスポットです。

晩秋のこの日、ツーリングの目的地に馬野渓谷を選んだ理由は、人の気配が無くひっそりと紅葉を楽しめそうだから。実際に行ってみると、予想したとおり誰もいない。ただ小鹿が一頭、落葉に敷き詰められた道の真ん中に立ちすくんでいた。

こちらをチラリと見たかと思うと、すぐに駈けだし、その姿は山間に消えた。倒木が道を塞いで造り出したサンクチュアリ、野生動物たちの聖域にお邪魔したようだ。

上空は山影に遮られ、道は倒木に塞がれた誰も居ない空間に、荒れ果てた苔生す道がある。カモシカという名を持つトレッキングバイクは、清流の水音に導かれながら谷間の道をゆっくりと進む。セローにまたがり、清流が導く紅葉と苔生す道を行く。

馬野渓谷・ツーリングスポットNO.20

  • 日付
  • 名称馬野渓谷
  • 所在:三重県伊賀市奥馬野
  • 地図電子地形図 / 位置図
  • 座標:34.723273,136.275036
  • 路面:オフロード
  • レビュアー峠ノ太郎(セロー250)
  • おすすめ度 4

馬野渓谷を東へ進むと青山高原公園線へ至るが、倒木が多く走行の不可の場合も多そうな様子。秋の紅葉の季節に青山高原の風車群を目指すオフロードバイクなら、トライする価値のある渓谷。

オフロード 林道 b6

馬野渓谷の周辺地図

  • S点:馬野渓谷(分岐点)
  • A点:三重県道2号(伊賀青山線)
  • B点:三重県道512号(青山高原公園線)
  • C点:土砂崩れ・倒木による通行止め

馬野渓谷 Pickup Photo

馬野渓谷の分岐点
S点:分岐点の画像
国道163号(伊賀街道)から三重県道2号伊賀青山線を南下すると、馬野渓谷を示す標識を左折。林道に入り直進して行くと、C点:分岐点に出会う。左手が青山高原道路へ至る方向だが、倒木に道を塞がれており右手C点方向に進むことにした。

馬野川
S点C点:豊かな水量の馬野川は、アマゴ釣りのメッカとしても有名です。

馬野川に架かる橋
S点C点:苔の緑に覆われた欄干は、お好みの撮影スポット。

馬野渓谷の落葉とセロー250
S点C点:落葉に敷き詰められた路面も、晩秋の風情があっていい。

苔の深い緑に覆われた欄干
S点C点:セロー250は、「道を選ばない」「贅沢を言わない」、良いバイクです。

美しい苔の色
S点C点:生命感のある、美しい苔の色。このような、発色の緑が一番好きです。

剥離したアスファルト舗装S点C点:アスファルト舗装が剥離してきました。

倒木が道を塞ぐS点C点:倒木が次々に道を塞ぐ。

倒木で引き返すS点C点:この太さの木を越えるだけのテクニックは無く、残念ながらここで引き返すことにした。結果的に青山高原道路への道筋は全て封鎖されていました。再び、三重県道2号伊賀青山線へ戻り、南下して次の目的地である青山峠を目指します。

馬野渓谷の四方山話

三重県伊賀市のことがよく分かる素敵なサイト - NAVIGA
NAVIGAは、伊賀地域で行われる映画やTVドラマなどのロケ撮影を支援するために、撮影に関する地域の情報提供、撮影地の調整、エキストラ協力、その他の手配などを行う窓口です。

馬野渓谷の位置図

編集後記

今回の馬野渓谷のことを書いていて、渓谷と峡谷と谷の違いは何なのかと疑問に思ったのでちょっと調べてみた。谷間の深さ順に並べると、谷渓谷峡谷大峡谷(グランドキャニオンなど)となった。大峡谷にも行ってみたいけど、渓谷のひなびた感も捨てがたい。

LINEで送る
Pocket